2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

バロメーター

カレンダー

プロフィール

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

FC2カウンター

RSSフィード

こっそりネタ倉庫

このサイトのお値段★

検索フォーム

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.05/24 (Thu)

時間ちょっとごまかしてます・・・ワラ

『ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです』
やなせたかしさんです。
アンパン○ンの原点です。

確かに仮面ライダーとかヒーロー物は都合よくかっこよすぎです。
英雄と呼ばれた人も必ず影があり、そしてそこを誰も知ろうとはしない。
人を助ける『光』の部分と、自らを犠牲にして尽くす『影』の部分がしっかりと表されているからこそアンパンマンは人気になったらしいです。


さて、アンパ○マンの歌って凄くいいと思いません?


「何のために生まれて、何のために生きるか」なんて答えられる日が来るのか謎だけど・・・。


さて、歌詞を私的に意訳すると



【More・・・】

生きるって事は素晴らしい。
たとえ頭を分け与えることで戦う力が減るとわかっていても目の前の人を見捨てることはしない。

人々の夢を壊さないため
涙に明け暮れる人々を救うため

戦いはいつも孤独で頼れるのは、誰かを助けたいと思う「愛」と、強い敵に怯まず立ち向かっていく「勇気」だけ。
勝てないとわかっていても逃げ出してはいけない。

大切な時間ほど早く過ぎていき、チャンスは二度ともどっては来ない。
その一瞬を守るために戦う。



誰かの笑顔を守る。
それがとても嬉しいことだから。



たぶんこんな感じの意味なんだと勝手に解釈しています。

何と素晴らしい自己犠牲愛なんでしょう


アン○ンマンが出来たのは戦後まもなくの食糧難の時代で、「食べ物が向こうから飛んで来たらいいのに」と言う、やなせ氏の願いに彼自身の哲学が加わり形になった作品だとか・・・


深いです。
奥が深い。

ヒーローは常にかっこよくて素敵で憧れの存在であるけれど、影ではとてかっこ悪く、時に醜いくらいの努力が潜んでいる。
例え自分にとっては「正義」である行為も他人にとっては「悪」である場合も少なくはない。

生類憐みの令とかはその典型ではないだろうか?
だって今さらになって「生類憐みの令は人権を守った良い法律だ」って言われるようになっても、当時は「悪」であり、受け入れがたい法律だったんだし・・・。


大体、ばいきんまんも完全な「悪」ではないと思うし。

独りで生まれ育った彼はいわば「ネグレクト」な状態だったのではないか?

適切な保育を受けず、孤独な日々を過ごし、誰かに愛されることをしらない。
自分を見てもらうには悪さをするしかない。
悪さをすれば誰かにかまってもらえる。
欲しいものも素直に欲しいと言えず、暴力で奪うことしか出来ない。

ネグレクトを受けると暴力的になるとかははっきり言えないけど(むしろ身体的虐待の方がなるかも)、同情の余地が有ると思う。

だからこそ、ばいきんまんに必要な処置は追い返すのではなく、温かく迎い入れてあげることなのではないだろうか?
そうすればあんな迷惑なこともしなくなるだろう・・・。

そんなことがあったらアンパン○ンは終わってしまうけど・・・。


色々書いて話がごちゃごちゃしてきたんでここらへんで。



ついでにこの話しのソースはWikipediaです。


ウィキさんは何でも書いてるから大好き

バタ○さんとおむすび○ンが両想いだとか、しょくぱん○ん様が最初、超能力使ってたとかどうでも良い情報が素敵です。


それではこの辺で。
どうやら私、卒検は一度しか受けるチャンスがなさそうだ・・・。

・・・絶対無理



スポンサーサイト
編集 |  23:59 |  日々のこと  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

ブログランキング

ブログペット

サモンナイト情報☆

お気に入りボカロ

ニコニコ動画ランキング

リンク

FC2ブログジャンキー

主張

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。