2017年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

バロメーター

カレンダー

プロフィール

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

メールフォーム

FC2カウンター

RSSフィード

こっそりネタ倉庫

このサイトのお値段★

検索フォーム

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006.09/20 (Wed)

小説読んだ~

恋愛写真―もうひとつの物語 恋愛写真―もうひとつの物語
市川 拓司 (2003/06)
小学館

この商品の詳細を見る



この本読みました。

はい。
映画「ただ、君を愛している」の原作ですね。



↓はネタバレ感想

【More・・・】

つか、この文を題名に持ってくるのかよ!!?

いや、別に悪いわけじゃないんです。

むしろ



Good job∑d(´Д`*)


な感じです。





どこで使われたセリフかちょっと思い出せないんですが、誠人の静かな静流への想いが詰まっててすごくいいよ!!コレ!!とか思っていました。


あとあれですね


 「あのキスの時、少しは愛はあったかな?」
         「君は、僕の世界の全てだった--」

静流の問いに誠人の答え。
この言葉に込められた誠人の想い。
これから訪れるはずの幸せに胸をはせて、何度も心で繰り返しただろう言葉。
あの時、素直にこう答えていれば運命は変わっていたのかも知れなかったのに・・・。
いや・・・自分の気持ちにきちんと気付いていればって感じかな?



    生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋
  (It was the only kiss,the love I have ever known...)



これもいいよね・・・。
静流の想いがいっぱいこもっていて。




この原作者の書く小説って主人公がなんかものすごい珍しい病気にかかっているのが多いのでは??
って言うか、この本と「いま、あいにいきます」しか読んでないけどね。
誠人の病気もだし、静流の病気なんか「本当にあるのかよ!!?そんな病気!!」って思って読んでました。
本当にあったら、ものすごく淋しいですね。
静流のように擦れ違ったまま死を迎える(めっちゃネタバレなので反転)事もあるし、そもそも振られたらどうするの!!?って感じだし。



映画、これ、絶対見に行く!!
誰か行く人探すし!!
誰もいなかったら妹を強制連行★だし。


それにしても、宮崎あおい可愛い(*〃ω〃*)
最近のお気に入りです。笑
スポンサーサイト
編集 |  00:42 |  映画・ドラマ・小説  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

ブログランキング

ブログペット

サモンナイト情報☆

お気に入りボカロ

ニコニコ動画ランキング

リンク

FC2ブログジャンキー

主張

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。